■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
CANDY PERFUME BOY















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by貴咲 光流 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

二つ身の魂 Ⅰ

「何ということ!」

生まれたばかりの赤子を産湯につけながら年若い侍女が叫んだ。
その声に真っ先に反応したのは、丸一日がかりで皇子を産んだ妃のアイシャだった。

「何じゃ!?何ぞあったか!?」
「これを!これをご覧くださりませ!」

侍女が興奮して皇子の左手を開いて見せると、その場に居た者らは誰しも感嘆の声を上げた。

「救世主様じゃ・・・!救世主様が皇子の肉身に降臨されたのじゃ!」


皇子の左手には
かつて、このティルムン皇国を魔人が支配する暗黒の世から救い、建国に貢献したとされる救世主シモンが持っていたという聖痕、現ティルムン皇国の紋章の卍が浮かび上がっていた。
スポンサーサイト
[ 2010/06/07 19:00 ]Posted by貴咲 光流 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://candyp07.blog112.fc2.com/tb.php/76-f4fa2f17