FC2ブログ
   ■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
CANDY PERFUME BOY















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by貴咲 光流 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

「作家性」ってなんなの・・・?

え~
いきなり堅いお題ですが
関心ある方はお付き合いを・・・

昨日
というか本日深夜に某TL漫画家様
(私も尊敬する素晴らしい作画と内容を描かれる先生です!)
がTwitterで発した一連の発言を読みまして
私は眠れなくなる程考えさせられました。
内容は私が自ブログで書いていい事ではないと思うのでここでは遠慮しようと思います。

ですが
貴咲が日頃から悩んでいた「作家性」にも繋がる内容であったと思います。

で・・・
私・・・非常におバカさんですので;;;
それで湧き上がってきた自分の感情とか考えとか
また、その原因とかを的確かつ客観的に捉える事が苦手でして
自分でも纏められない内に発散してしまうという悪癖がございます;

しかし、そうした後でやっと本質が見えて来たりします。

話しを戻します。
私が日頃から悩んでいた事
それは「TLらしいTL」を描くのが苦手という事です。

では、「TLらしいTL」って何?となりますが
貴咲が考えるものは

①少女漫画である事
②少女漫画らしい可愛さや美しさが絵柄にある事
③キュンキュン萌えられる事
④女性が日頃から心の奥で望んでいる女性の為のエロがある事

ですが
自分がそういった作品を描けてるとは到底思えないのです。
それがコンプレックスでした。

と同時に
貴咲が「描きたい!!!」
そう心の底から願う貴咲らしいTL
そんな作品を望まれたかった訳です。

商業作家がそんな我儘を言っていいのか?とも随分悩みました。
じゃあ良く言われる「作家性」とはどうなの?
TLジャンルに作家性は要らないの?

心の奥にずっとそんな叫びがありました。
その叫びを押し殺しながら描いた去年の新作はどれも当たりませんでした。
現在、まるでその叫びが伝わったかのように
貴咲らしいTLを望まれて描いております。

数字が出せるのかどうか
そんな事は全く分かりません。
若干開き直り気味ですが;自分らしさをぶっちゃけるように描いてます。

①ストーリー性がある事
②エロもガッツリ濃い事
③キャラ同志の思惑が絡みあう事で生まれるドラマがある事
④良くも悪くも「漫画」である事

多くのTLファンが望んでいるTLではないかも知れませんが
貴咲にそんなTL描かせても魅力を出せる作品にはならないと思うのです。
色んなTLがあっていいと思うんです。

読者さんも一人一人
TLに望むものに差がある筈です。
「エロくないとイヤ」「エロよりストーリー!」
「とにかくキュンキュンしたい!」等々・・・

それと同様に作家にも「スタイル」があって
その差を認めて欲しいのです。
だってみんな同じじゃ面白くないでしょう?
そう思いません?

何だか勝手な事ばかり書き連ねて参りましたが
本音トークもたまには・・・(;´∀`)

え~
最後に花岡美莉先生のツイートを紹介させて頂こうと思います。
(ご本人から許可頂いてます)

「ときめきたいんだったら少女漫画読むわ。
ストーリーを読みたいんだったら女性コミック読むわ。
抜きたいんだったら成人コミック読むわ。

これ全部TLというジャンルで叶えられるかもしれないと思うと、ワクワクしちゃうね!
俺誘はそこを目指してる。エロはこれから盛りあげるぞ~!(^o^)」


私もこれと全く同じ想いです!
目指しますよ~!!!


もう一つ

花岡先生のツイにあります「俺誘」とは
ご存知の方も多いと思いますが
現在めちゃコミック様にて先行配信中の新連載作品
「俺を誘拐したキミ-午後2時、陽のあたる密室で」の事です♪


貴咲の
たまにはぶっちゃけトーク
どうも失礼致しました!

スポンサーサイト
[ 2016/04/07 15:08 ]Posted by貴咲 光流 | お仕事関連 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://candyp07.blog112.fc2.com/tb.php/788-06e13bcf