■ 総記事数: ■ 総コメント数: ■ 総トラバ数 ■:
CANDY PERFUME BOY















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]Posted by貴咲 光流 | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)|[記事編集]

今日、失われた仔猫の生命について

出勤途中のこと
いつも混んでる409号線をゆるゆる走ってると
何故か狭い道路であるにも関わらず、前方の車が中央をよけて進んでいく

自分の番が来て理由がわかった

傷ついた仔猫がうずくまっている
車にかすっただけなのか、まだ生きてて命があった

頭には仕事の事が浮かんだが、すぐ近くに動物病院があった事を思い出した
私は仔猫をよけて車を少し先に進め、無理やり歩道に入って止めた
見ると大きなトラックが車を止めて待っててくれている

仔猫は身動きも出来ずに激しく呼吸をしている
一番酷い傷を負ってる右の後ろ脚に触れないように抱き上げて、あとは一目散に病院へと走った


その約1時間後
教えておいた職場に病院から連絡が入った

右脚は出血も酷く脱臼と数か所の骨折
体内は断裂し、とても全身麻酔は打てないという最悪な状態

麻酔なしで、それらの外科手術をしてくれと私はどうしても言えなくて・・・
安楽死をお願いしました


今も
いくら考えても
例えば奇跡的に命が助かったとしても

そんな恐ろしい痛みを強いる方を、私はどうしても選択出来ません
選択出来ないのに
今日、生命を失った仔猫が哀れで気持ちが納得出来ずにいます
私が引導を渡したのに・・・
スポンサーサイト
[ 2010/06/12 22:42 ]Posted by貴咲 光流 | 未分類 | TB(0) | CM(0)[記事編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://candyp07.blog112.fc2.com/tb.php/81-56d12509